女子・三重が3回戦へ 春高バレー、男子・松阪工は敗退

【松阪工―川内商工 第2セット、スパイクを放つ松阪工・亀井(左)と三重―米子北斗 第1セット、スパイクを放つ三重・恒川(6)=東京体育館で】

バレーボールの第74回全日本高校選手権(春高バレー)は6日、東京都渋谷区の東京体育館で男女ベスト16を決める2回戦があり、県勢は女子・三重が米子北斗(鳥取)を25―19、25―16で下した。準々決勝進出をかけて7日の3回戦で八王子実践(東京)に挑む。

【三重―米子北斗 第2セット、ポイントを奪い喜ぶ三重の選手たち=東京体育館で】

男子・松阪工は初戦の2回戦で川内商工(鹿児島)に16―25、20―25で敗れて3回戦に進めなかった。