新たに3人が感染 三重・新型コロナ

三重県は5日、20代と30代の男女3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。3人以上の新規感染者が公表されるのは2カ月ぶり。病床使用率は前日から0・9ポイント上昇し、2・2%となった。

県によると、新たに感染が判明したのは20代女子学生、30代男性医療従事者、30代男性福祉施設職員。3人ともオミクロン株への感染の有無は判明しておらず、県がゲノム解析を進める方針。

男性福祉施設職員は3日から症状があり、4日の検査で陽性と判明。県外で検査を受けた同居家族の感染も判明した。男性が勤務していた福祉施設では、入所者と職員の計58人が検査を受ける。

女子学生と男性医療従事者も症状を訴えて検査を受けたところ陽性と判明。2人とも感染経路は分かっていない。男性医療従事者は感染可能期間に勤務していなかったため、職場に接触者はいない。

県は感染者の居住地を市町別では公表していない。県の新型コロナ対策本部は「個人の特定や感染者の誹謗(ひぼう)中傷につながる恐れがあるため、感染者が少ない間は市町別の公表はしない」としている。