伊勢神宮への奉納品を市に寄贈 三重

【寄贈した鏡餅などの前で藤本副市長に目録を手渡す尾﨑さん(左)=伊勢市役所で】

【伊勢】伊勢市の伊勢神宮は5日、元日に合わせて神宮に奉納された鏡餅や果物などの奉納品の一部を、市内の福祉施設に贈るため、市に寄贈した。

約40年前から毎年、全国からの奉納品の一部を、市を通じて施設に贈っている。

この日は、神宮権禰宜(ねぎ)の尾﨑友季さんらが市役所を訪れ、鏡餅10組と、ミカンやリンゴなどの果物15箱を届けた。尾﨑さんは藤本亨副市長に目録を手渡し、「全国各地から奉納いただいた品を施設の皆さんに食べてもらい、コロナに負けない一年にしてほしい」と話した。

寄贈された奉納品は、市内の児童福祉施設や障害者福祉施設など13施設に配られた。