四郷小児童の絵手紙年賀状展 伊勢

【四郷小児童らの絵手紙年賀状が並ぶ会場=伊勢市楠部町の四郷地区コミュニティセンターで】

【伊勢】伊勢市楠部町の四郷地区コミュニティセンター地域交流室で、隣接する四郷小学校の児童が描いた絵手紙の年賀状の作品展が開かれている。今月末まで。

4年生25人が、地域の絵手紙講師の指導で描き、展示した。

今年の干支(えと)の寅(とら)や、鏡餅や羽子板といった正月の風物などをモチーフに、のびのびと多彩な色使いで表わした。「一年がんばろう」「何度もチャレンジしよう」「みんな、にこにこ仲良くね」などと、年初の思いを込めた言葉を添えている。

同地域交流室運営委員会の上野尚委員長(75)は「子どもらが初挑戦した絵手紙年賀状。それぞれ個性があって、新年の抱負や希望が伝わり、明るい気持ちになる」と話していた。