国民の玉木代表 参院選三重選挙区「候補者調整見守る」

【年頭記者会見に臨む玉木代表=伊勢市吹上の伊勢シティホテルで】

国民民主党の玉木雄一郎代表は4日、伊勢神宮を参拝後、伊勢市吹上の伊勢シティホテルで年頭記者会見を開き、夏の参院選三重選挙区について、「基本的に候補者を立てたいが、まずは県連や連合など地元調整を見守り、最終的に総合的に勘案したい」と述べ、現在進められている国民県連と立憲民主党県連、連合三重ら4者協議の推移を注視する考えを示した。

玉木代表は昨年の衆院選に触れ、「候補者を立てた地域は、立てていないところに比べ、比例票を含め票が出ている」と強調。

その上で、夏の参院選について「全国で産別が候補者を立てており、票の獲得が重要だ」と述べ、複数区を中心に原則擁立したい意向を示した。

一方、三重も含め1人区について、「もともと野党は厳しい。立てられるところは立てたいが、より調整は必要だ」と話し、野党候補の絞り込みも含め、県連や連合など関係組織が行う地元調整を待つ考えを示した。

立憲民主党との選挙協力については「政策の一致が極めて重要」と語り、立民が共産党とどう関わるかも見極めたいとした。その上で「政策の一致がないと選挙目当てになる。政策が合わない候補者には推薦は出さない」と述べた。