新たに2人が感染、オミクロン株感染者の家族

三重県は2日、県内で2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日も2人の感染を発表。県内の感染者は延べ1万4823人。病床使用率は前日比0・4ポイント増の1・3%となった。

四日市市によると、感染者のうち市内の一人は、県内で初めてオミクロン株への感染が確認された感染者の同居家族。濃厚接触者に特定され、定期的に検査を受けていたところ陽性と判明した。

先月30日からのどに違和感があり、軽症。県内の医療機関に入院している。現時点でオミクロン株かどうかは判明しておらず、県保健環境研究所が解析を進めている。接触者はいないという。

このほか、県内の40代男性会社員は既に判明している感染者の親族。先月下旬に親族同士で会食し、濃厚接触者に特定された。症状はないという。県は市町別の居住地を明らかにしていない。

また、県は一日、米国などから帰国した県内居住者8人が新たにオミクロン株の濃厚接触者に特定されたと発表した。オミクロン株の濃厚接触者に特定された県内居住者は139人となった。