全国高校サッカー 三重、前橋育英に0―6 16強入りならず

【三重―前橋育英 前半、前橋育英・笠柳(右端)と競り合う三重・辻村=NACK5で】

サッカーの全国高校選手権第3日は31日、埼玉・NACK5スタジアム大宮など8会場で2回戦16試合が行われ、県代表の三重=4大会ぶり2度目=は、前橋育英(群馬)=2大会ぶり24回目=に0―6で敗れて、2021年夏の全国高校総体(インターハイ)に続く全国ベスト16進出はならなかった。

3大会ぶりの優勝を狙う青森山田はJ1のFC東京に入団する松木らのゴールで大社(島根)に6―0で大勝した。前回覇者の山梨学院は佐賀東に0―2で敗れた。阪南大高(大阪)はJ1湘南入りする鈴木が5点を決め、8―0で奈良育英を圧倒した。

3回戦は1月2日に行われ、8強が出そろう。