三重県内高校出身4人が力走へ 箱根駅伝区間エントリー

来年1月2、3日に行われる第98回東京箱根間往復大学駅伝に出場する21チームの区間エントリーが29日に決まった。三重県内高校出身者では、日体大の8区に九嶋大雅(3年・伊賀白鳳)、10区に名村樹哉(3年・四日市工)、神奈川大の9区に小林篤貴(2年・四日市工)、中央学院大の4区に伊藤秀虎(2年・四日市工)がエントリーされた。

補欠と登録メンバーは1日4人、合計6人まで入れ替えることができる。総合2連覇を狙う駒大は2年連続で2区に3年生エースの田澤廉を起用。けが明けの鈴木芽吹はレース当日に交代可能な補欠とした。

今年の出雲駅伝優勝の東京国際大は、前回の箱根駅伝で2区区間新記録のイエゴン・ヴィンセントを再度2区へ。順大は東京五輪3000メートル障害7位の三浦龍司を補欠に入れた。