津松菱で福袋準備大詰め

【福袋の準備をするスタッフ=津市東丸之内の津松菱で】

【津】三重県津市東丸之内の津松菱で、1月2日の初売りに向けた福袋の準備作業が大詰めを迎えている。コロナ禍で密集を避けるため昨年に続き一部の福袋に先行販売や抽選方式などを取り入れ、全館合わせて約5千個を準備する。

福袋の準備は今月18日に倉庫内の一角で開始。初売りで店頭に並ぶ子ども服や婦人服の袋詰めが順調に進み、現在は元日に届く事前予約の福袋の発送準備に入っている。

同店は毎年の初売りで地域と連携した体験型の特選福袋を販売しており人気が高いが、来店客を分散するため今週から人気レストランのランチコースなど20種類のプランを先行販売。限定数が少ない伊勢鉄道の車庫見学会や鳥羽水族館のイロワケイルカ飼育体験など20種類は1月4日まで応募を受け付ける抽選販売にしている。

担当者は「先行販売、抽選販売とも昨年の2倍以上の売れ行きで幸先よいスタート。ゆっくり選んでいただけるのでぜひ利用してほしい」と話した。問い合わせは同店=電話059(228)1311=へ。