コロナ対応の職員ねぎらう 松阪市役所が仕事納め

【終業式で訓示する竹上市長(左端)=松阪市役所で】

【松阪】三重県松阪市は仕事納めの28日、市役所で終業式を開いた。竹上真人市長は「コロナの対応に追われた一年だった。協力して危機を乗り切った。よくやってくれた」とねぎらった。

竹上市長は「みえ松阪マラソンは延期したが、来年こそ記念すべき第1回を素晴らしい形で迎えることができれば」と展望し、「6日間の休みでリフレッシュしてほしい。笑顔で会えれば」と呼び掛けた。

終業式は新型コロナウイルス感染予防のため昨年に続き規模を縮小。参加は次長級以上の職員約50人にとどめ、ユーチューブでライブ配信した。

終業式後、「職員アワードグッドパフォーマンス部門」として、部局長が推薦した取り組みから市長と副市長が特に「よく頑張った」と認める10件について表彰。竹上市長が受賞者の職場へ行き、表彰状を渡してたたえた。