鈴鹿市が仕事納めで市長訓示

【仕事納めで職員の1年の労をねぎらう末松市長=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市の末松則子市長は仕事納めの28日、職員に向けて庁内LANの電子掲示板に、1年を締めくくる訓示を掲出したほか、庁舎の各部署を回って1年の労をねぎらった。

訓示では「昨年来のコロナウイルスの感染拡大によって社会は大きく変化しており、これまで以上に行政に求められることも増えてくることが予想される」とし、「変化に応じた新たな仕事の取り組み方が求められる」と呼び掛けた。

本庁舎では、上層階から順番に下りながら職員の前であいさつした。

11階の子ども政策部らの職員約70人を前に、末松市長は「子育て世帯への特別臨時給付金を含め、迅速に対応していただいた」と感謝を述べた。