年末年始、マスクや消毒徹底を 三重県知事、県民に呼び掛け

人の動きが活発化する年末年始を控え、三重県の一見勝之知事は27日の定例記者会見で、マスクの着用や手指消毒など、新型コロナウイルスの基本的な感染防止対策を徹底するよう県民に呼び掛けた。

一見知事は愛知県でオミクロン株の市中感染が発生したとみられることを踏まえて「おそらく県内でも市中感染は避けられない。いたずらに恐れる必要はないが、しっかり対策を取ってほしい」と述べた。

また、新型コロナの影響で消費が低迷している牛乳の購入を呼び掛けた。「私もおとといから毎日飲んでいる」と紹介。牛乳の入ったコップを手に「三重の牛乳はおいしい。ぜひ飲んでほしい」と語った。