伊賀白鳳1区に松本、山商は澤井 全国高校駅伝きょう号砲

男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会は26日、京都・たけびしスタジアム京都を発着点に男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロで争われる。25日には三重県代表の伊賀白鳳(男子)、宇治山田商(女子)を含む男女各47校のオーダーが発表された。

東海地区代表で出場した第70回大会以来2年ぶり32回目の伊賀白鳳は、1区に今年のU20日本選手権3000メートル3位で、5000メートルでもチームトップの14分0秒台の記録を持つ松本颯真、アンカーに5000メートルで今年度東海高校総体優勝の古橋希翁を置く盤石の布陣で上位入賞を目指す。

2001年の第13回大会以来の出場となる宇治山田商は、20年ぶりの都大路行きを決めた11月の県高校駅伝の出走メンバー5人を、一部区間を入れ替えたもののそのまま登録。1区には2年生エースの澤井風月がエントリーされた。

両校の区間エントリーは次の通り。

【伊賀白鳳】1区 松本颯真▽2区 鈴木千翔▽3区 倉本晃羽▽4区 島子公佑▽5区 小倉史也▽6区 水谷柊斗▽7区 古橋希翁

【宇治山田商】1区 澤井風月▽2区 畑まどか▽3区 佐々遥菜▽4区 渡邉心音▽5区 藤原亜瑚