コンサートの収益金寄付 音楽グループ「ショコラーデ」が伊勢市に 三重

【鈴木市長に寄付を手渡す野中さん(左から2人目)=伊勢市役所で】

【伊勢】三重県伊勢市の音楽グループ「ショコラーデ」は23日、オンラインクリスマスコンサートの収益金1万5300円を、地域福祉に役立てるため、市に寄付した。

チャリティーのクリスマスコンサートを、平成27年から毎年続けている。コロナ禍で、2年連続のオンライン開催となった。ピアニストと声楽家、高校生ら5人が、クリスマスソングなどを演奏し、チケット購入者にライブ配信。当日参加できない人に向け、動画配信サイトユーチューブでも配信した。

声楽家でショコラーデ代表の野中よう子さん(50)らが、市役所で鈴木健一市長に寄付を手渡した。野中さんは「参加者の皆さんが笑顔で楽しんでくれた。少額ですが、一番必要としているところで活用してもらえたら」と話した。