児玉美希が北京冬季五輪確実に ノルディック全日本距離で総合2位

【児玉美希】

ノルディックスキーの全日本選手権距離最終日は23日、北海道・音威子府クロスカントリーコースで行われ、三重県関係では児玉美希(太平洋建設)=県スポーツ協会=が3日間の総合成績で女子2位となり、全日本スキー連盟が定める派遣推薦基準を満たして来年の北京冬季五輪代表を確実にした。県ゆかりの選手の冬季五輪出場は初めて。

大会は21日に開幕。児玉はスプリント・クラシカル、5キロクラシカルの2種目で優勝。前日までの成績をスタートのタイム差に換算した女子10キロフリーでも2位につけた。

児玉は新潟県出身の25歳。日大卒業後、三重県スポーツ協会所属となり令和2年の国民体育大会冬季大会スキー競技会「とやま・なんと国体」では三重県代表で出場しクロスカントリー(距離)5キロクラシカル成年女子A種別で優勝した。