ビルの防火を緊急点検 三重・四日市市消防、大阪の火災受け

【四日市】三重県の四日市市消防本部は21日、大阪市北区で17日に発生したビル火災を受け、管内の建物の緊急点検を実施すると発表した。実施対象は、朝日町、川越町を含む管内の3階以上の飲食店などが入る雑居ビルで、階段が一つしか設置していない建物。実施項目は、避難経路の確認、消火避難器具の確認と防火チラシによる広報。

消防本部と各署により、同日から約1カ月間で、中署管内154棟、北署管内9棟、南署管内12棟の計175棟を実施。飲食店など不特定多数が出入りする建物68棟は年内に実施する。