小中学生にソフト指導 度会町、トヨタ女子部選手ら 三重

【トヨタ自動車女子ソフトボール部の選手らが指導するソフトボール教室=度会町棚橋の度会中学校で(同町提供)】

【度会郡】トヨタ自動車女子ソフトボール部「レッドテリアーズ」の選手や関係者10人を講師に招いたソフトボール教室がこのほど、三重県度会町棚橋の度会中学校グラウンドであり、地元の小中学生68人がトップレベルの技術を学んだ。

同教室は度会スポーツクラブが平成23年度から開催。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となり、2年ぶりに実施した。

町内の小中学生ソフトボールチームや小学生軟式野球チームが参加。キャッチボールの後、同部の内野手として活躍する亀田栞里選手(同町出身)ら現役選手7人と、元日本代表で同部OGの山根佐由里さん(同町出身)らがポジション別に実演を交えて指導した。

素振りによるスイング軌道の確認やフリーバッティングなど打撃指導もあり、参加者は選手らのアドバイスに耳を傾けながら実践していた。

度会エンペラーズの投手で度会小5年の山下乃愛さんは「腕をしっかり振ることでコントロールがつきやすくなると教えてもらいました」、亀田選手は「子どもたちがすごく元気で伝えたことを素直に取り入れ実践してくれるので、もっといっぱい教えてあげたい気持ちです」と話した。