市営亀山駅東駐輪場の供用開始 自転車約140台、原動機付き自転車7台分

【20日から供用開始した市営亀山駅東駐輪場=亀山市御幸町で】

【亀山】三重県亀山市は20日午前6時から、同市御幸町のJR亀山駅前に新たに設置した市営亀山駅東駐輪場の供用を開始した。無料。

JR亀山駅周辺整備事業に伴い、今年9月末から着工。総工費は約3500万円。市所有の敷地面積290平方メートルにアルミ製片流れ屋根で延べ床面積は約135平方メートル。自転車約140台、原動機付き自転車7台が利用でき、自転車の前輪を固定するラックを設置した。市の委託を受け、市シルバー人材センターが清掃などの管理を行う。

市は、同事業に伴い4店の民間自転車預かり店が廃業するなどにより、自転車約300台を確保するため、同駅西側に来年4月以降、新たに約150台利用できる同様の駐輪場を計画している。市担当者は「無人なので、鍵を掛けることを忘れないように」と呼び掛けている。