コロナ対策の補正予算など可決 鳥羽市議会

【鳥羽】三重県の鳥羽市議会12月定例会は20日、本会議を再開。追加議案として提案した新型コロナウイルスワクチン接種経費や、子育て世帯臨時特別給付金として合計2億500万円を増額する一般会計補正予算案2件を含めた提案議案18件と、離島振興法の改正延長を求める意見書提出に関する議員発議1件を原案通り可決し、閉会した。

子育て世帯臨時特別給付金については、先行分の5万円と合わせて10万円を現金で一括給付する。児童手当の受給世帯774世帯1518人に対しては24日に支給予定。また申請が必要とされる2202人分については申請内容を審査し、来年1月末以降に順次支給する予定。