5万円電子マネー特殊詐欺 明和町の20代男性が被害

【多気郡】三重県警松阪署は17日、明和町の20代会社員男性が特殊詐欺の被害に遭ったと発表した。

男性は16日、スマートフォンに「利用停止予告、未払い料金お支払いのお願い」のショートメールが入り、添付先に接続すると「今日中に料金を払わなければ、一切の利用を停止する」と表示されたため、コンビニエンスストアで5万円分の電子マネーカード1枚を購入し、同日午後11時ごろ、コンビニ駐車場でカード番号を入力して利用権利をだまし取られた。

同署は「コンビニで電子マネーを買って、カード番号で支払って」という詐欺に注意を呼び掛けている。