死亡ひき逃げ容疑の男逮捕 四日市北署

【三重郡】14日夜、三重県川越町高松の町道で、道路を歩いて横断中の女性が車にはねられ死亡したひき逃げ事件で、四日市北署は17日、四日市市松寺3丁目、建設作業員、山﨑裕容疑者(43)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)、道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は、14日午後9時ごろ、川越町高松の町道で乗用車を運転中、四日市市山村町の無職女性(84)をはねたが、救護せず逃走した疑い。「その時間に車を運転して通ったことは間違いないが、事故を起こしたという記憶はない」と容疑を否認している。

同署によると、付近の防犯カメラの映像などから山﨑容疑者を特定した。