列車運行妨害で男に罰金30万円 津簡裁

近鉄列車の運行を妨害したとして、津区検は17日、岐阜県海津市の会社員の男(55)を偽計業務妨害の罪で略式起訴した。津簡裁は同日、罰金30万円の略式命令を出した。

起訴状などによると、6月8日午後2時半ごろ、鈴鹿市の近鉄名古屋線の磯山駅付近の踏切に設置された踏切障害物検知装置2基にいずれも黒色のビニールテープを貼り付けて、特急列車上下線計2本を緊急停止させ、点検などの不要な業務を行わせて列車運行の業務を妨害したとされる。