アオサ香る切り餅 松阪 道の駅「飯高駅」、20日から発売

【新発売の「飯高のとっときもち・あおさ」】

【松阪】松阪市飯高町宮前の道の駅「飯高駅」は20日から、特産品販売所「いいたかの店」で、同市猟師町で採れたアオサを練り込んだ切り餅「飯高のとっときもち・あおさ」(税込み430円)を販売する。

沿岸部に位置する港住民自治協議会が、宮前まちづくり協議会を通じて同駅にアオサ販路を相談し、開発を進めた。白餅やヨモギ餅など8種類ある人気商品「飯高のとっときもち」シリーズの新商品となる。

飯高駅は「住民協議会と道の駅との連携から生まれた」「焼き餅にすると、もち米の香ばしい匂いに加えて、アオサの持つ磯の香りが漂う」とアピールしている。