障害者雇用を促進 松阪の4事業所と2人を表彰

【(前列左から)竹上市長と表彰を受けた田中さん、東村さん=松阪市高町の華王殿で】

【松阪】三重県松阪市は17日、同市高町の華王殿で「障がい者雇用優良事業所・優秀勤労障がい者表彰式」を開いた。クラギなど4事業所と2人が表彰された。

障害者の勤労意欲の向上と、事業者や市民の障害者雇用への理解を深める狙い。平成24年から始め、10回目となる。

10月10日の「障がい者の雇用・就労促進フォーラム」で表彰式と講演会を合わせて予定していたが、コロナ禍で中止。表彰式は事業者や市民へ周知しようと関係者だけで開催した。

優良事業所は従業員50人以上では、「農業屋」を展開するクラギ(川井町)と、松阪港での貨物輸送・港湾荷役を担う三重海運(大口町)の両社。同50人未満は古御門ライス(八重田町)と、もとえ建設(丹生寺町)の両社。

優秀勤労は嬉野黒野町のクラギ農場で勤続9年の田中翔斗さんと、上野屋(飯高町宮前)でコンニャク検品に励む勤続14年の東村真里さんの2人。竹上市長が「障害がある人に勇気と希望を与えた」と表彰状を読み上げ、手渡した。