コロナ打撃の中小店舗支援 亀山市「エールチケット」販売開始

【「亀山エールチケット」を購入する市民(右手前)=亀山市東町の花店「プランタン・さかきや」で】

【亀山】三重県亀山市は15日、新型コロナウイルス感染症による影響で停滞する市内の飲食店など中小店舗を支援する「亀山エールチケット」の販売を始めた。使用期間は令和4年3月31日まで。

エールチケットは、1冊6千円分が5千円で市内外問わず誰もが購入できる。12枚つづりで1枚の額面は500円。市は1店舗につき200冊を用意し、店には支援金として上乗せ分の20万円を支給。

購入できる店舗は、市内に本店・支店、営業所のあるコンビニやガソリンスタンドのほか、飲食店や花店、美容院など市内計289店舗で、購入した店舗のみで使用できる。

同市東町の花店「プランタン・さかきや」でエールチケットを購入した50代の女性は「1000円分がお得なので購入しました」といい、「正月に飾るマツやセンリョウ、シクラメンなどをチケットで購入します」と話していた。

市産業振興課職員は「購入して、お店を応援してほしい」と呼び掛けている。問い合わせは同課=電話0595(84)5049=へ。