列車内犯罪に備え訓練 桑名駅の養老鉄道ホームで桑名署や近鉄、養老鉄道

【訓練に取り組む署員ら=桑名市の桑名駅で】

【桑名】列車内で相次ぐ犯罪などに備え、三重県桑名市の桑名駅の養老鉄道ホームでこのほど、警察と鉄道会社による連携訓練があり、桑名署や近鉄、養老鉄道などから約30人が参加した。

訓練は列車内で男が突然、ナイフを取り出し、乗客を切りつけて暴れ出すとの想定で実施した。駅員は乗客の避難誘導や110番通報、署員らは犯人を逮捕するまでの手順を確認した。

近鉄桑名駅の中西亨駅長は「お客様に安心して、ご利用いただけるよう、今後も警察と連携し、取り組んでまいりたい」と話した。