冬の風物の絵手紙展 津橋南郵便局で橋南スポーツクラブ

【冬の題材を描いた絵手紙が並ぶ会場=津市南中央の津橋南郵便局で】

【津】三重県津市の橋南スポーツクラブ絵手紙教室の作品展が、同市南中央の津橋南郵便局(村田勝弘局長)ロビーで開かれている。教室生ら19人が冬の題材を描いた絵手紙42点を展示している。30日まで。

同教室は同市阿漕町津興の橋南市民センターで近郊の60―80歳代の女性が月二回学び、市内の女性が講師を務める。15年以上前から夏と冬に地域の郵便局で作品展を開いている。

墨と顔彩を使ってリンゴ、白菜、ハボタンなど冬の素材や来年の¥ルビ(干支,えと)の¥ルビ(寅,とら)などを描き、コーヒーカップを持つ手元に「帰省してお話出来るといいな」、大きなニンニクに「我が家の元気の素 パワーアップ」など思い思いの言葉を添えている。

作品は色紙額と組み合わされており同教室の担当者は「作品を生かす色紙の色を選んだり上下左右の作品のバランスを考えて展示しています」と話した。