女子団体で稲生が優勝 なぎなたの三重県高校新人大会

【女子団体決勝で大将戦に臨む稲生と高田の選手ら=津市の高田高校で】

なぎなたの三重県高校新人大会は12日、津市一身田町の高田高校であった。女子個人、女子団体、男子個人の3部門は全国高校選抜(来年3月20、21日・兵庫県伊丹スポーツセンター)の県予選を兼ねて行われ、女子団体は稲生が制し、県代表としての全国選抜出場を決めた。

3人制の女子団体戦決勝で稲生は高田を1―0で下した。先鋒、中堅が引き分け、最後に登場した大将の金丸泉がスネで一本勝ちした。

全国選抜の女子団体戦はブロック枠もあり、東海地区では来年1月9日、静岡県浜松市で東海4県の各県新人大会2位校が参加してブロック推薦枠決定戦が行われる。県内からは高田が出場し、東海地区代表での全国大会出場を目指す。

県高校新人大会の結果は次の通り。

「演技」

①植松瑞生・末松優実(稲生)②上田怜以・大久保琥珀(同)③金丸泉・佐藤唯香(同)橋爪雄大・脇綾佐姫(同)

「個人」

▽女子 ①赤塚未悠(高田)②大久保琥珀(稲生)③金丸泉(同)小菅桃奈(高田)

▽男子 ①橋爪雄大(稲生)②羽多野修太(同)③松本純弥(同)村瀨天駿(皇學館)

「団体」

▽女子 ①稲生②高田