パラスポーツ普及へ講演 三重・津でパラ陸上の保田明日美選手

パラスポーツの普及を目的としたイベントが11日、津市一身田大古曽の三重県身体障害者総合福祉センターで行われ、県内在住の健常者と障害者が現役パラ陸上選手の話に耳を傾けるなどした。

パラアスリートの支援を目的とする一般社県団法人「三重県障がい者スポーツ開拓所」が開催。中学生から社会人まで幅広い年代の約30人の前で、亀山市出身の義足アスリート保田明日美さんが講演した。

車いすや全盲の体験会もあり、参加者が感想や意見を交換した。同団体代表理事の佐野恒祐さんは「障害者スポーツをやりたい人と支える人をつなぐ場所をつくりたい。こうした活動を通して互いの立場を理解する機会になれば」と話した。