三重大病院元教授を保釈 汚職事件裁判 津地裁認める 三重

三重大付属病院(三重県津市)の贈収賄事件で、医療機器の選定や薬品発注をする見返りに、賄賂を贈らせたとして、第三者供賄や詐欺の罪で起訴されている同大病院の臨床麻酔部元教授、亀井政孝被告(55)が保釈を請求し、認められていたことが、津地裁への取材で分かった。

津地裁によると、保釈保証金は3件で計500万円。1件は11月17日付、2件は同25日付。

起訴状によると、平成30年3月、小野薬品工業が製造・販売する薬品を多数発注する見返りとして、三重大の口座に200万円を振り込ませたとされる。また令和元年8月、日本光電工業製の生体情報モニターが選定される見返りに亀井被告が代表を務める一般社団法人に200万円を振り込んだとされる。

また、令和元年9月から2年4月、薬品を患者に投与したかのように装って診療報酬約81万円をだまし取ったとされる。