桑名の市道でひき逃げ 小5女児はねられ重傷 三重

【桑名】6日午後4時35分ごろ、三重県桑名市赤尾台九丁目の市道で、乗用車が下校中の小学5年の女児(11)を後ろからはねて逃走した。女児は左足を骨折するなどの重傷を負ったが、命に別条はない。女児の隣を歩いていた同級生の女児(11)もすり傷などの軽傷を負った。桑名署はひき逃げとみて捜査しており、事故現場付近に止まっていた乗用車の男性運転手を任意で事情聴取している。

同署によると、現場は片側一車線の幅員5メートルの直線道路で、2人は道路脇を傘をさして並んで歩いていた。現場付近には、女児をはねた乗用車のものとみられる左のサイドミラーの一部が落ちていた。