菰野町 森の風こども園に助成金 第一生命財団、緯度の建設に 三重

【助成金授与式の様子=菰野町千草の森の風こども園で】

第一生命保険株式会社(稲垣精二社長)が出捐した一般財団法人第一生命財団(斎藤勝利理事長)は7日、新設の保育所などの保育の質を高めるために、新たな備品を購入するための助成金を三重県三重郡菰野町千草にある社会福祉法人森の風学舎の森の風こども園に贈った。

助成事業は今回で9回目。全国36施設へ総額3千万円の助成を行う予定で、三重県内では森の風こども園が初めて助成の対象となった。今回の助成金は園内に井戸を建設する費用に充てられるという。

助成を受けた社会福祉法人森の風学舎の嘉成頼子理事長は「井戸が完成すれば子供たちの遊びや、野菜の栽培に思う存分水を使うことができる。こども達の教育にも必ず良い影響を与えると思います。ありがとうございます」と喜びを語った。

第一生命保険株式会社の本夛光一郎三重支社長は「少子高齢化で税収など歳入が減少する中、この受賞のお知らせをきっかけに、多くの施設が民間助成事業に目を向けてもらい、少しでも県内のこどもたちの環境が良くなることを願っている」と語った。

贈呈式に出席した柴田孝之菰野町長は「現在不足している在宅児童の受け入れ先をサポートしていただいて大変感謝している。これからも行政としてもサポートをしていきたい」と語った。