新型コロナ対策で32億円を追加 三重県が一般会計補正予算案

三重県は3日、新型コロナウイルス感染症の対策費として、一般会計に約31億9700万円を追加する補正予算案を発表した。新型コロナ関連の交付金で全額を賄う。6日の県議会本会議に提出する。

県によると、補正予算のうち約30億9千万円は無料で受けられる検査の実施に充てる。健康上の理由などでワクチン未接種の人や感染拡大時の希望者らを対象に、約37万6千回分の検査を想定している。

このほか、自宅療養者の診察などに当たった医療機関への協力金として8700万円を計上。往診一回につき2万円を支払う。自宅療養者に食事を提供している市町への補助金には2千万円を充てる。