コロナ給付金や武史郎記念館リサイタル 三重・松阪市が補正予算案

【松阪】三重県松阪市は3日、今年度一般会計補正予算案第11、12号を発表した。新型コロナウイルス感染対策の子育て世帯への臨時特別給付金の支給や、松浦武四郎記念館(同市小野江町)のリニューアル記念ピアノリサイタル開催を盛り込んでいる。8日に市議会定例会に上程する。

11号は12億8825万円増額。臨時特別給付金を計上し、高校生までの子どもがいる世帯1万5120世帯(児童数2万5510人)が対象。支給額は児童一人当たり5万円。

12号は7589万円減額。リサイタルに35万円を充てる。松浦武四郎から数えて5代目のやしゃごに当たるピアニスト関孝弘氏(68)=神奈川県横浜市=が来年4月24日、同市川井町の農業屋コミュニティ文化センターで演奏する。老朽化などで改装していた松浦武四郎記念館は同日再開する。