立憲民主党県連、期待感示す 決選投票で泉氏に投票 三重

立憲民主党の新代表に泉健太政調会長(47)が選出されたことを受け、党三重県連の三谷哲央幹事長は30日、報道陣の取材に「原点に戻り、新しくフレッシュなスタートを切ってほしい」と期待感を示した。

三谷氏は県議会議事堂からテレビで代表選を見守った。泉氏の演説を聞いて「若いね」と声を上げた後、取材に「候補者4人が団結し、今まで以上に大きな力を発揮してくれると思う」と語った。

一方、三谷氏は逢坂誠二元首相補佐官(62)に投票した。旧国民系の泉氏と旧立憲系の逢坂氏が決選投票で争ったことには「ある意味ではバランスが取れた。党にとって良かったと思っている」と述べた。

決選投票で県連代表の票を投じたのは、元県議で前回の参院選三重選挙区で落選した芳野正英氏。「一回目の投票で最多得票だった候補に投票する」という県連の決定に基づき、泉氏に投票したという。

芳野氏は学生時代から泉氏と親交があり、泉氏の秘書を務めたこともある。取材に「困っている人のために政治をするという思いは当時から変わっていない。その思いを貫いてくれるはず」と語った。