伊賀の市道 車同士衝突、女性死亡 5人重軽傷 三重

【伊賀】28日午前10時45分ごろ、三重県伊賀市蔵縄手の市道交差点で、東進中の普通乗用車と北進中の普通乗用車が出会い頭に衝突。東進中の車の後部座席に同乗していた大阪府東大阪市若江本町四丁目、無職星野弘子さん(84)が全身を強く打って搬送先の病院で死亡したほか、運転手を含む5人が重軽傷を負った。

伊賀署によると、東進中の車には運転手の大阪府東大阪市若江本町三丁目、電気工事士本田裕之さん(59)ら家族4人が乗車し、後部座席の50代女性が重傷、本田さんと助手席の女性2人が軽傷を負った。また北進中の車に乗車していた運転手の名張市美旗町、会社役員渕上悦宏さん(63)と助手席の女性もそれぞれ打撲など軽傷を負った。

現場は片側一車線の市道上の信号のある交差点。本田さんらは家族で伊賀市内に墓参りに向かう途中、渕上さんらは買い物に向かう途中だったという。いずれかの信号無視が原因の可能性が高いとみて詳しく調べている。