「大人っぽく演じたい」 バトン全国大会出場選手ら いなべ市長表敬 三重

【日沖市長(後列右)と全国大会出場を決めた選手ら=いなべ市役所で】

【いなべ】12月11日と12日に幕張メッセイベントホール(千葉県)で開催される第49回バトントワーリング全国大会に出場する「Baton Team Grace」の選手8人らが26日、三重県の日沖靖いなべ市長を訪問した。同チームは3日に愛知県で行われた東海大会で、U―12とOPENの両部門で金賞を受賞し、全国への切符をつかんだ。

チームによると、今年は新型コロナウイルスの影響で体育館などの練習場所が確保出来ず、オンラインで演技を確認したり、河原など屋外の広い場所で練習したりと苦労も多かったという。また昨年の全国大会は動画審査となり、大舞台で演技を披露出来なかったため、選手たちの気持ちも高まっている。OPEN部門に出場する川﨑心選手(北勢中2年)は「年齢が上の人たちと同じ舞台に立つので、大人っぽい演技がしたい」と抱負を語った。

日沖市長は「みなさんの活躍を期待しています。頑張ってください」と激励した。