サッカー 全国地域CL決勝R始まる FC伊勢志摩が白星 三重

サッカーの国内アマ最高峰の日本フットボールリーグ(JFL)につながる全国地域チャンピオンズリーグ(CL)は24日、東京・味の素フィールド西が丘で決勝ラウンドが始まった。FC伊勢志摩(東海/三重県)は1―0でFC徳島(四国/徳島県)を下し、勝ち点3を挙げた。

全国9地区の地域リーグ王者ら12チームが出場し、今月12―14日に行われた1次ラウンドを勝ち抜いた4チームが24日から28日まで1回戦総当たりする。上位2チームが今季JFLの16、17位チームとの入れ替え戦に臨む。

輪番枠での出場ながら初出場で1次ラウンド突破のFC伊勢志摩はFC徳島戦で、後半8分の直接FKでDF中田永一が決勝のヘディングシュートを決めた。26日にCriacao Shinjuku(関東/東京都)、28日におこしやす京都AC(関西/京都府)と対戦する。