レスリング全国高校選抜東海地区予選 いなべ総合が優勝 個人戦4階級も 三重

レスリングの全国高校選抜大会東海地区予選会は20、21の両日、岐阜県美濃加茂市であり、学校対抗戦はいなべ総合が優勝した。男子フリースタイル8階級が行われた個人対抗戦は4階級をいなべ総合の選手が制し、65キロ級の屶網剣勝(いなべ総合)、80キロ級の神谷龍之介(いなべ総合)は2連覇した。

学校対抗戦、個人対抗戦ともに上位3位の学校、選手が来年3月、新潟市で行われる全国高校選抜の出場権を獲得した。個人対抗戦の上位入賞者は次の皆さん(三重県勢のみ)

【51キロ級】②伊藤久遠(いなべ総合)③尾浦悠斗(同)
【55キロ級】①高田勇(いなべ総合)③徳力海優斗(同)
【60キロ級】①曽野壱晃(いなべ総合)
【65キロ級】①屶網剣勝(いなべ総合)
【71キロ級】②辻本航基(いなべ総合)
【80キロ級】①神谷龍之介(いなべ総合)
【92キロ級】②中本圭作(松阪工)
【125キロ級】③佐藤綾星(朝明)