全国高校ラグビー三重大会 朝明10連覇、花園へ 三重

【朝明―四日市工 前半11分 四工守備陣をかわして先制のトライを決めた朝明・内山=スポーツの杜鈴鹿で】

ラグビーの全国高校大会三重大会は最終日の23日、鈴鹿市御薗町のスポーツの杜鈴鹿メーングラウンドで決勝があり、朝明が31―21で四日市工を下して10年連続12回目の優勝を果たした。12月27日に大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開幕する全国大会に県代表として出場する。

朝明はCTB内山陸が前半11分、独走して先制トライを奪うと同23分にもトライを決めた。前半終了間際に四日市工に1トライ1ゴールを許し、12―7で前半を折り返すと、後半立ち上がりからSO浅場博登らが連続してトライを決めてリードを広げた。