1600万円だまし取られる 伊賀の女性 架空請求詐欺で

【伊賀】伊賀署は22日、伊賀市の70代無職女性が犯罪防止センターをかたる男らに、現金約1610万円をだまし取られたと発表した。架空請求詐欺として捜査している。

同署によると、7月26日、女性の自宅の固定電話に犯罪防止センターのニシノを名乗る男から「センターの名簿にあなたの名前がある。退会するには引き継いでもらう人を探す必要がある」などと電話があり、4桁の会員番号を教えられた。

その後、カモシタを名乗る男から「会員を引き継ぐことになったので番号を教えてほしい」と電話があり、4桁の番号を伝えた。キズナ会を名乗る男などから電話で「番号を教えたことが犯罪」、「保釈金は1千万円かかるが返金される」などと言われ、8月10日から同26日までの間、名張市内の神社などで男に2回にわたり現金計約1600万円を手渡し、だまし取られた。また、指定された口座に現金約10万円を振り込み、だまし取られた。

男から「11月15日に返す」と言われていたが、返金されなかったため、女性が今月22日に同署に被害届を出した。