いい夫婦の日に真珠婚参り 夫婦65組が伊勢神宮で

【仲むつまじく宇治橋を渡る真珠婚の夫婦ら=伊勢市の伊勢神宮内宮で】

【伊勢】三重県伊勢市の伊勢神宮内宮で22日、結婚30周年の真珠婚を迎えた夫婦が一斉参拝する「真珠婚おかげ参り」が開かれた。

志摩市の真珠業や観光業者でつくる真珠婚国際協会が開き、19回目。11月22日の「いい夫婦の日」に合わせ、県内外から65組の夫婦が参加した。

雨の中、夫婦らは寄り添うように宇治橋を渡って参道を進み、互いに感謝を込めて参拝した。参拝後は、夫が妻に記念のあこや真珠のペンダントを贈り、絆を深めた。真珠業界の繁栄を願い、英虞湾産真珠を使ったペンダントも神宮に奉納された。

菰野町から参加した会社員柿市覚さん(56)と妻の昭子さん(56)は「ありきたりな言葉だが、今までありがとう、これからもよろしく」「趣味のランニングを一緒に楽しみ、健康でいつまでも楽しく過ごしたいね」と笑顔で話した。