e―Tax社内説明会 クラギがコロナ対策 松阪

【クラギで開いた確定申告電子申請の企業内説明会=松阪市川井町で】

【松阪】「農業屋」を展開するクラギは22日、三重県松阪市川井町の本社で、確定申告に向け国税電子申告・納税システム「e―Tax」の企業内説明会を開き、管理職約20人が参加した。

税務署が2―3月に開設する確定申告会場は混雑するため、国税庁はe―Taxの活用を呼び掛けている。e―Taxはスマートフォンやパソコンから国税庁ホームページにアクセスし、確定申告書を作成して提出できる。

同社での説明会は昨年に続き2回目。中村篤史管理部兼人事部部長は「コロナ対策になる。また非常に便利なので利用していただきたい」と呼び掛けた。

松阪税務署の職員が講師になり、「ふるさと納税が6カ所以上になる寄付金控除の申告が非常に多くなっている」「e―Taxなら自動的に税額を計算する。早い方は10―15分で終わる」と説明。必要な情報を入力して控除を申請する手続きを教えた。