和カフェ24日オープン 最中の専門店 亀山

【和カフェ「gute」の和泉オーナー=亀山市関町中町で】

【亀山】三重県亀山市関町中町の関宿街道沿いで24日、最中(もなか)の専門店として、和カフェ「gute(ぐーて)」(和泉真子オーナー)がオープンする。水曜と第2、4木曜が休み。営業時間は午前11時―午後5時。

最中が好きな和泉オーナー(41)は、日本人が昔からお茶に合う和菓子として食べている「最中」で、亀山の観光地「関宿」のにぎわいにつなげたいと、空き店舗を改装した。店内にはカウンター四席を設けた。市の空き店舗等活用支援事業補助金制度を活用。

最中は、クマの形をした皮と皮の間に、求肥(ぎゅうひ)と北海道産あずきを練り込み、店内で焼き上げる。皮の香ばしいサクサク感とあんこのほどよい甘さが口の中に広がる。1個250円(税込み)。また、コーヒーやオーガニックジュースのほか、抹茶ラテなど8種類のドリンクも販売。

和泉オーナーは「あずきに含まれるプロフェノールには、老化を防ぐ効果もある」といい、「最中を食べながら関宿の散策を楽しんで」と話していた。