昨年度決算を認定、三重県議会本会議

【一般会計歳入歳出決算を認定した本会議=県議会議事堂で】

三重県議会は22日の本会議で、令和2年度一般会計歳入歳出決算など12議案を認定した。一般会計決算と国民健康保険事業特別会計決算は49対1の賛成多数で認定。残る10議案は全会一致で認定した。

山本里香議員(共産党、2期、四日市市選出)は一般会計決算への反対討論で「広く新型コロナのPCR検査をしていれば防げた感染もあった。保育所をもっと支援すべきだった」などと訴えた。

予算決算常任委員会(50人)の石田成生委員長は採決に先立つ委員長報告で「収入の確保や事業の選択と集中を進め、将来世代に負担を先送りしない効率的で的確な財政に取り組むよう要望する」と述べた。