カード詐取され150万円被害、桑名の女性

【桑名】三重県警桑名署は19日、桑名市の70代無職女性が警察官を装った男らにキャッシュカード2枚をだまし取られたと発表した。このカードで現金150万円が引き出され、同署が詐欺事件として捜査している。

同署によると、女性は19日午後に「銀行協会のクワタ」と名乗る男から「中国人の詐欺グループが、あなた名義のカードを使っている」と電話を受け、男の求めに応じてキャッシュカードの暗証番号を伝えた。

まもなく警察官を装った男が自宅を訪れ、女性からキャッシュカードを受け取って封筒に入れたという。男は女性がその場を離れた隙に封筒をすり替えるなどし、このカードを盗んだとみられる。

その後、女性が不審に思って封筒を開けると、カードがトランプに変わっていたことから110番。このカードを使い、市内のATM(現金自動預払機)で複数回にわたって現金が引き出されていた。