予選で演技の太村にも金メダル 世界トランポリン 日本女子団体2連覇で

トランポリンの世界選手権第2日は19日、バクーで行われ、非五輪種目の団体決勝で女子は佐竹玲奈(東栄工業)森ひかる、高木裕美(以上金沢学院大ク)で臨んだ日本が合計164・245点をマークし、初優勝した前回2019年大会に続いて2連覇した。予選で演技した四日市市在住の太村成見(相好トランポリンクラブ)にも金メダルが贈られた。

男子は堺亮介(バンダイナムコアミューズメント)海野大透(静岡産大ク)西岡隆成(キタイスポーツク)の日本が合計178・335点で2位に入り、3位だった17年大会以来のメダル獲得。ベラルーシが180・690点で2連覇した。

森智広・四日市市長の話 四日市市在住の太村選手の金メダル獲得は市民として誠に誇らしく、太村選手が指導するトランポリンクラブの子どもたちにとってもうれしいニュース。今後さらに活躍されることを市民とともに応援していく。