動物画や旅先の風景画 南伊勢町、現代美術作家の鈴木幸永さん 三重

【多彩な小作品を展示した鈴木さん=南伊勢町五ケ所浦の伊勢現代美術館で】

【度会郡】三重県南伊勢町五ケ所浦の伊勢現代美術館で、津市の現代美術作家、鈴木幸永さん(77)の作品展が開かれている。12月20日まで。火、水曜日と25日は休館(祝日は開館)。

鈴木さんは18歳ごろからクロッキーと不透明水彩による制作を開始。県内外で個展を開き、作品を発表している。

同展には過去10年ほどの間に制作した小作品120点を展示。壁土のキャンバスに木炭のような質感の鉛筆で描いた動物画やさまざまなシーンで待つ人を捉えた作品のほか、躍動感あふれる馬や時間の経過とともに変化する花の姿を不透明水彩で描いた作品、旅先の風景画などが訪れた人の目を楽しませている。

鈴木さんは「表現に無駄がなく余分な物をそぎ落とした作品を見てもらいたい」と話した。12月4日午前11時と午後2時にトークイベントがあり、鈴木さんが作品について解説する。

入館料は一般700円、中高大学生500円、小学生以下無料。問い合わせは同館=電話0599(66)1138=へ。