県内優秀安全運転事業所 31事業所を表彰 三重

【優秀安全運転事業所表彰式で表彰された事業者=津市垂水の県運転免許センターで】

【津】三重県津市垂水の運転免許センターで18日、優秀安全運転事業所等表彰式が開かれ、交通事故防止に努めた県内の31事業所が表彰を受けた。

県警と自動車安全運転センターは平成22年から、交通事故の種別や原因、違反内容などが記載された「運転記録証明書」を活用し、基準を設けて交通安全に努めた事業所を表彰している。今回はプラチナ賞7、金賞7、銀賞6、銅賞11の計31事業所が表彰された。

表彰式では、同センター県事務所の堀主邦所長が「全国的には子どもが被害者となる悲惨な事故や高齢者が当事者となる重大な事故が発生している。交通事故から従業員を守るため、継続して運転記録証明書を活用してほしい」とあいさつした。

出席した事業者が、事故や違反を起こさないための取り組みを紹介。銅賞を受賞したタカラスタンダード三重支店の担当者は、「ながらスマホしません」のステッカーを車に貼り付けていることなどを紹介した。

最上位のプラチナ賞を受賞したのは、日本自動車連盟三重支部▽アムール▽医療法人誠仁会▽テクニックサービス▽サンコーロジテック株稲生物流センター▽センコー三重支店▽生活協同組合コープ三重の7事業所。