四日市税務署 青色申告会に感謝状贈呈 租税教育の推進で貢献 三重

【岩本署長(左)から感謝状を受け取る柿澤会長(中)と国分専務理事=四日市市西浦の四日市税務署で】

【四日市】三重県の四日市税務署は15日、租税教育の推進などで功績のあった四日市青色申告会に感謝状を贈った。同署であった贈呈式では、岩本裕道署長が柿澤芳喜会長に感謝状を、国分英彦専務理事に記念品をそれぞれ手渡した。

感謝状は、国税庁の「租税教育推進校等表彰制度」に基づき、贈呈した。同会は平成26年から年4回ほど市内の小学校などで租税教室を開いており、熱心な取り組みが評価された。

税務行政の円滑な運営に貢献した人に表彰状を贈る「納税表彰式」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、昨年に続き中止としたが、この日、四日市青色申告会の役員2人に表彰状を伝達した。そのほかの受賞者には別日を設け、数回に分けて表彰状を渡すという。受賞者は次の皆さん。

【名古屋国税局長表彰】矢野正剛(四日市法人会副会長)

【四日市税務署長表彰】伊藤康彦(四日市法人会常任理事)岩田空展(三泗地区納税貯蓄組合連合会理事)岡本浩延(四日市法人会監事)田中誠(四日市青色申告会理事)難波明子(四日市間税会常任理事)

【四日市税務推進協議会長表彰】石田浩美(三泗地区納税貯蓄組合連合会理事)辻伴壽(四日市法人会理事)橋本眞由美(四日市青色申告会女性部副部長)的場信一(四日市間税会副会長)水谷敏秀、山本佳孝(四日市法人会理事)